ツウになれない映画好き(^^;)の映画評ブログ。 コメント・TB大歓迎!!

  1. スポンサーサイト
  2. 「歓びを歌にのせて」 光のように降り注ぐ歌声
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストの輝きだけで充分です。 久しぶりに泣いた映画
私の満足度

ケイ・ポラック/2004/スウェーデン
オフィシャルサイトYahoo!ムービー

エンドロールの歌詞を読みながら泣いていました。ミュージカル女優のヘレン・ヒョホルムの力強い歌声と胸に響く歌詞。 物語に不自然さはありました。世界的に有名な指揮者が、田舎のコーラス隊の指導するだろうか?などなど。でもそんな事はどうでもよくなってしまいました。ひたむきに生きてく人間の強さや温かさ、音楽の素晴らしさを訴えかける秀作です。

スウェーデンの人気俳優、ミカエル・ニュクビストが素晴らしい。 幼い頃より音楽の世界で生き、人を思いやる事を知らずに大人になった男性が、コーラス隊との交流から徐々に変わっていき、人生を謳歌する様を生き生きと演じています。

ラストは意見が分かれるところだと思いますが、私は良かったと思います。
音楽には力がある。光のように降り注ぐ歌声を…感じてください!!

トラックバック⇒ 映画通の部屋
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。