ツウになれない映画好き(^^;)の映画評ブログ。 コメント・TB大歓迎!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
監督:サイモン・ブランド    
出演:ジム・カヴィーゼル、グレッグ・キニア、ブリジット・モイナハン
2006/アメリカ

映画が好きな人って、きっかけになる「作品」があるのでは?
私の場合も、数本、「これが好きで好きで…」という作品がありますが、その中の一本が『ユージュアル・サスペクツ』。
ものがたり 廃棄工場に閉じ込められた5人の男たちは、誘拐犯と人質であるという記憶を失っていた。それぞれの記憶が曖昧によみがえってくる中で、彼らは誘拐犯のボスがやって来る日没までに、自分たちの立場をはっきりさせようと探り合いを始める。 …さらに詳しく


カイザー・ソゼが誰かなんて、最後の最後まで判りませんから~(鈍いだけ(^^;))。脚本の面白さにしびれました。

『アンノウン』も『ユージュアル~』的な匂いがする。楽しみにしていました。

先が読めない、ハラハラドキドキ感はありました。記憶が序々に蘇っていく過程はなかなか面白かったですね。

だけど…えらく都合のいい、毒ガスじゃないですか?
ベスト・タイミングで記憶が蘇っていくのって(しかも全員)出来すぎだと思うのですが。

「あー騙されたー!!そんな展開とは!!」って言いたかったんですけど。
…言えませんでした。
スポンサーサイト


ランキングに参加中です。応援お願いします(*^^*ゞ
JRANKホームページランキング
※上記バナーをクリックすると、当ブログに一票を投じた後、各ランキングサイトへジャンプします。




コメント
この記事へのコメント
これ、シチエーションは楽しいのですがね
お久しぶりです!
こちら 私は劇場でみてきました。

設定を聞いて 予告編では面白そうだったのですが、、観てややがっかりという結果になってしまいました。

設定のわりに展開がえらい素直で、、もう少し 意外性が欲しかったですよね、、
2007/02/27(火) 16:06 | URL | コブタです  #-[ 編集]
楽しいんですよ・・・
コブタさんお久しぶりです!
設定の面白さだけでOKかなのかもしれませんが、序盤が期待をさせる展開だったので、がっかりでしたね(-。 -; )
2007/03/02(金) 12:37 | URL | コロ《管理人》 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。